金冷法で睾丸(金玉)を冷やす効果とは?ペニスは大きくなる?

金冷法とは?

金冷法
金冷法とは、簡単に言うと睾丸を冷やすことを言います。
睾丸とは言い換えると金玉の事ですが、金玉を冷やす方法のことです。

なので、金冷法は金玉シャワーと言われ方もします。

色々な言い方はありますが、睾丸(金玉)を冷やす事で男性の体に様々な効果をもたらす事がわかっています。

少し笑ってしまう本当の話なのですが、
男性って、脳からの命令に匹敵するくらい睾丸からの命令が大きく作用するんだそうです。

なので、金玉と言っても、実は脳と同じくらい睾丸は大切なものなのです。

では、その睾丸(金玉)を冷やす金冷法には、どのような効果があるのでしょうか?

金冷法で睾丸(金玉)を冷やす効果とは

金冷法 効果
男性の体の中で、睾丸(金玉)が玉袋に包まれて、体の外にぶら下がっているのにはきちんと理由があります。
睾丸は、人間の基礎体温よりも2度程度低い温度になっているのがベストの状態になります。

精子を製造する工場でもある精巣の働きには、その温度管理はとても大事になります。
大人になってから「オタフク風邪」や「はしか」にかかると「種なし」になるという話を聞いた事があると思います。

高熱を発症する事で、精巣が精子を正常に生成する機能を失う事があるためで、
男性の体の中でも、睾丸の温度管理はとても大切なのです。

金冷法で睾丸(金玉)を冷やす効果としては、
・精巣が正常に働き、精子の生産を順調に進める
・精力増進
・テストステロなどの男性ホルモンの分泌を正常化
・睾丸周りの血行促進

もしかしたら僕だけだと恥ずかしいのですが、
プールや海などに入ると、その後で疲れているのにやたらムラムラと性欲が沸いたりした経験がありませんか?

海に行って泳いで、その帰りに我慢できず
一緒に行った女の子とカーセックスしちゃったりとか結構ありました。

今思えば、あれは睾丸が冷えて精子もつくられて、更にはテストステロンなどの男性ホルモンが分泌されまくったりして、ムラムラしちゃったんだと思います。

それくらい、男にとって睾丸を冷やす事は影響力がある事なんです。

睾丸が蒸れるボクサーパンツやブリーフが精力低下の原因に?

睾丸を冷やす
睾丸を冷やすことで、精巣が活発に働き精子がつくられたり、男性ホルモンが分泌されて精力増強になるのだとしたら、逆に睾丸を温めてしまう行為は精巣の働きには良くないという事でもあります。

最近では、ボクサーパンツをはく男性が多いと思います。
ブリーフはあまりいない気がしますが・・・

でも、本当はボクサーパンツよりもトランクスの方が、金玉の活動には良い環境が整います。
トランクスであれば、風通しも良く、睾丸があたたまる事を極力防げます。

ボクサーパンツやブリーフの場合、パンツの中でどうしても蒸れてしまい温度があがります。
睾丸の温度もやはり上がってしまうので、精巣の働きも悪くなり、結果として精巣が活発に働かず精子の生産がにぶったり、男性ホルモンの分泌が弱まってしまったりで勢力が減衰してしまいます。

金冷法で睾丸(金玉)を冷やすとペニスが大きくなる?

金玉シャワー
金冷法で睾丸(金玉)を冷やすことで、色々なメリットがあることは分かったけど、それとペニスが大きくなる事と関係あるの?という話になりますよね。

正直、金冷法で金玉シャワーをして睾丸を冷やすだけでペニスが大きくなる直接的な効果は薄いし、増大するとしてもそうとう時間がかかると思います。
でも実際金玉シャワーでちんこが気持ち大きくなったという体験談を書いている書籍などもあります。

ただ、本格的にペニスの増大を目的にするのであれば、増大サプリと金冷法による金玉シャワーの併用がおすすめです。

ペニス増大サプリを飲む事で、シトルリンやアルギニンをしっかり摂取します。
シトルリンを摂取する事で、血管の状態が柔らかく・しなやかになり血管が広がりやすくなります。
血管が広がりやすくなる事で、血流が良くなり勃起力が高まり、それが増大へのステップになるわけですが、

シトルリンを摂取して血管が柔らかく・しなやかになった状態で金冷法で睾丸(金玉)を冷やすことで、
更に血行促進作用を高める事ができます。

つまり、金冷法で睾丸(金玉)を冷やすだけでペニスは大きくするのは難しいが、
ペニス増大サプリと併用して金冷法で金玉シャワーをすることで、ペニス増大の効果をより早める事が期待できるというわけです。

実際に僕は、毎朝シャワーを浴びる時、必ず最後に金玉シャワーを実施しています。

僕の増大メソッドにも金冷法は取り入れていますが、金玉シャワーはペニス増大チントレ活動を失敗させない為にも大事だと思っています。

では、僕が行っている金冷法で睾丸(金玉)を冷やす金玉シャワーの方法をかんたんに紹介します。

金冷法で睾丸(金玉)を冷やせ!金玉シャワーの方法

金冷法 やり方
ペニス増大の為の金冷法を考えた時に、ポイントとなるのが血行促進です。

僕が毎日やっている金玉シャワーを紹介します。
僕は基本シャワーだけの日が多いのですが、湯船につかる人は温めは湯船でOKです。

水で睾丸を冷やす~金玉シャワー1回目

朝シャワーを浴びて出る前に、金玉に真水のシャワーを浴びせます。
最初は「うぉ!」と声が出そうになりますが、すぐに慣れます。

睾丸めがけて1分も金玉シャワーを続けていると、陰のうが引き締まってくるのがわかると思います。
この状態のまま2~3分金玉シャワーを続け、しっかりと睾丸を冷やします。

シャワーをお湯にして睾丸を温める

陰のうが引き締まったところで、今度はお湯で温めます。

今度は、一気に睾丸がゆるんだ状態になり、玉袋がだる~んと垂れ下がるのがわかると思います。
この状態で1分ほど温めます。

※湯船につかる方は、シャワーでなはなく湯船に浸かって温めてもOKです。

再び水で睾丸を冷やす~金玉シャワー1回目

温まった睾丸をまた一気に冷たい水で冷やします。

睾丸を冷やす⇒温める⇒冷やすのプロセスを踏むことで、睾丸周りの血流が一気に促進されます。

僕は、湯船に浸かるときは、2回この工程を繰り返しますが、
シャワーの時は通常1サイクルで終了しています。

POINT
更に、最後に足にだけ冷たい水をかけると良いです。
これは健康法としてテレビでも良く取り上げられますが、
足先に水をかけることで、冷えた足を温めようとして心臓から血液が送られます。

つまり心臓から送られた血液が足の先まで回るという事は、体内では全身を巡っている事になりますよね。

なので、湯上りに足先にだけ水をかけると血行が良くなるという健康法です。

睾丸を冷やす金玉シャワーの後に、脚先にも水をかけることで、全身の血流もアップするというわけです。

是非、試してみてください!

ペニス増大サプリと金冷法で短期間でチンコを大きくする方法まとめ

金冷法
ペニス増大サプリ選びにおいて大事なのはシトルリン・アルギニンの配合量です。
シトルリン、アルギニンにより、血管の状態が柔らかくなることで血管が広がりやすくなり、血行が良くなるからでしたね。

EDの改善薬でもあるバイアグラやレビトラ、シリアスもシトルリンサプリで原理は同じです。

増大サプリでシトルリン、アルギニンをしっかりと摂取した状態で、健康法でもある金冷法(金玉シャワー)を実施することで、ペニス周りの血行が良くなり増大の速度を加速させるというのが狙いでした。

もし、今まで増大サプリを試したけどイマイチ効果がなかったという人は、是非金冷法も実施してみて欲しいです。

それと、増大サプリはシトルリン配合量が1日の推奨量である800mg以上摂取できるものがおすすめです。

シトルリンをしっかり摂取できて、なおかつ体内への吸収力が高いサプリはヴォルスタービヨンドとアプソルシンになります。

ヴォルスタービヨンドは30日返金保証がありますし、
アプソルシンは3箱買いで1箱おまけになるキャンペーンがあります。
成分配合はほぼ同じですので、どちらのメリットを選ぶかだけで選択してOKです。

ヴォルスタービヨンドかアプソルシンのどちらを選んでも大丈夫ですので、金冷法で金玉シャワーも併用してチントレしてみてください。

1位ヴォルスタービヨンド 2位アプソルシン
ヴォルスタービヨンド アプソルシン
僕は今は絶対コレだと思う! まとめ買いする人はコッチがお得
返金保証付き 3個買いで1つプレゼント
ヴォルスタービヨンドのレビュー アプソルシンのレビュー
公式サイトはこちら 公式サイトはこちら