もっともっと楽しむために男と女のセックスの常識

セックスを楽しむためにはまず自分のカラダのことをよく知りましょう

アソコについてもっと知る

自分の性器のことをよく知らないっていう女性は少なくありません。
アソコがどんな形になっているのかよく分からないって女性は結構多いです。

その点、男は毎回トイレに行くたびに見ているので、性器に関しては詳しいです。
たいがいの男子なら、中学生くらいのときにどんどん興味がでるもんですよね。

自分の性器がどんなのか分からないっていうのは、いろいろな問題があります。

たとえば、かゆみや痛みなど、何か異常があったときに、どこがどうなっているのか知ることができません。そもそももともとの状態が分からなければ、比べようがないですからね~

女性器の構造は、外側から大陰唇、小陰唇、尿道口、膣前庭、膣口、そして上の方にクリトリスがあります。
クリトリスくらいなら分かるけれども、他はどこがどんな名前なのか分からないって女性も多いのでは?

普段の状態が分からないと、何かのときに大変です。

そのため、普段から手鏡でちょっと見てみたり、お風呂のときに少し触ってみるなどして、アソコがどうなっているのか確認することが大切です。

女性だってオナニーする?気持ちのいいところはマスターベーションで発見

「オナニーは男だけのもの!」
そう考えている人は、男女問わずいそうですね。

でも、いろいろな習い事はするのにセックスだけは男性に任せっぱなしというのは、いかがなものかと思いますよ。

女性もしっかりセックスについて向き合うことで、さらなる快感を得られるようになります。

本当に気持ちがいいセックスをするためには、まず自分のどこが気持ちいいのか知っておく必要があります。

そういった意味ではマスターベーションは非常に重要です。

世の女性の中には「女性がオナニーなんて!」と思って、タブー視している人もいますが、自分のカラダを自分でさわって悪いことなんてありません。

実際に性器にさわってみることで、どういったさわり方が気持ちいいのか、どこが気持ちいいのかということが分かってきます。それが分かっていれば、パートナーにも伝えやすく、お互いに気持ちが良いセックスができます。

性器にふれることは全然「いけないコト」ではないですよ!

セックスは挿入がすべてじゃない!前戯こそが気持ちいいセックスに重要

中に入れることこそがセックス。
そう考えている男性は多いですが、女性にとってはその前こそが大切です。

男性は本や動画などといった視覚的なもので性的興奮を得ることができます。
そういったものを見ながらオナニーすることは、男にとってごく当たり前のことですよね。
最近はスマホで簡単に動画が見られるので助かっています(笑)

それに対して女性は、直接ふれられることで性的興奮を得られる場合が多いです。

そのため、実際にさわって女性の興奮を導き出すのは、気持ちのいいセックスのために必要不可欠なことなのです。
すぐに挿入、なんてのは女性から嫌われる原因になりますよ。

とあるアンケートによると、セックスの際に痛みを感じるという女性は30代で76.5%、40代で62.3%もいるみたいですから、男性本位の身勝手なセックスだと、女性がセックスを嫌いになるのも無理はありません。

女性にとっては前戯こそがメインで、挿入の方がサブに過ぎません。

そういった意識をしっかり持ってないと、お互いが気持ちいいセックスはできませんよ。

もっと女性を悦ばせるために知っておきたい4段階の性反応

女性には4段階の性反応があります。
これは結構知らない男性も多いですね~

  1. 興奮期
  2. 高原期
  3. オーガズム期
  4. 回復期

性的な興奮が始まると、まずは興奮期が訪れます。

興奮期が始まると、陰部から愛液がでてきて、クリトリスが勃起し、子宮が立ってきます。
子宮が立つっていう表現、俺も調べるまで知りませんでした(^^;)

さらに性的な興奮が続くと、今度は高原期に入ります。
高原期になると子宮はさらに上昇し、膣の下の3分の1くらいが隆起します。さらに残りの3分の2は精液をためるために膨らみます。こうなると、ペニスを受け入れる準備が出来たといえます。

そこで、ペニスを挿入すると、今度はオーガズム期になります。
いわゆる「イク」ってやつですね~

オーガズム期になると、射精された精液を吸い取るように子宮や骨盤底筋群といったところが小刻みに収縮します。ビクビクなるのはこの仕組みのせいなんですね。

さらにそこから回復期に入ると、徐々に普通の状態に戻っていきます。

女性は男性に比べると絶頂期から回復するのが早いため、オーガズムのサイクルをしっかり認識していれば、何回でもイケるようになりますよ。
これは男性もしっかり覚えておきたいポイントですね。