避妊方法はピルだけじゃない!正しい避妊を学んで妊娠を避けましょう

避妊は男性だけがするもの??

避妊と聞いて、真っ先に思いつくのはやっぱりコンドームだと思います。
俺もセックスのときは、できるだけゴムはつけるようにしてます。

望まない妊娠は避けたいものですが、避妊に関しても男性任せって女性は案外多いです。

相手がゴムをつけるのをイヤがるからといって、気が進まないけど、生でヤルって人も多いですね。

避妊は男性の義務と思われがちですが、女性ができる避妊方法ももちろんあります。
望まない妊娠をして、1番困るのは女性なんですから、相手に任せるのではなく、自分の身は自分で守るって考えも大切ですよ。

女性ができる避妊法として、メジャーなのはピルです。
メジャーといっても、実行している人はまだまだ少ないと思います。

日本の避妊実施率は54.3%と言われていますが、そのうちの40.7%はコンドームです。
それに対しピルは1.0%と格段に少ないです。

これを見ると、避妊=男性がするものっていう考えは強そうですね。

大人の女性だったら、しっかり自分の人生設計を立てて避妊することも考えてみてはどうでしょう?

人工中絶は若者だけに限らない??意外と多い既婚者の中絶

日本では年間約20万件の中絶が行われているといわれています。

「中絶=若者」ってイメージがありますが、実はその約半数は既婚の母親です。
避妊しなかったばかりに望まぬ妊娠をしてしまった母親は意外と多いんですよね。

ある程度、年齢を重ねればそう妊娠なんてしないだろうと考える女性も多いようですが、そんなことはありません。女性は45歳まで十分に妊娠する可能性があります。

それにも関わらず、避妊をしないでうっかりできちゃったという38~42歳の女性が結構多いです。

当たり前のことですが、妊娠を望まないならば避妊はすべきです。
それは結婚しているかどうかに関わらず大切なことです。

日本では避妊はコンドームがメジャーなので、どうしても男性主導になりがちですが、将来を考えてピルやIUSといった女性ができる避妊方法を用いるのも、選択肢の1つですよ。

最新の避妊方法IUSとは?

IUSという言葉を聞いたことがありますか?

IUSとはIntraUterine Systemの略で、最新の安全確実な避妊法です。
商品名だとミレーナという名前で呼ばれてます。

女性ができる避妊法で、Tの字型をした小さくてやわらかい子宮内避妊器具を入れることで、最長で5年間の避妊ができます。これならば、コンドームやピルのように、うっかり忘れてしまったという心配がありません。

IUSは子宮の中で黄体ホルモンを持続的に放出するので、一度装着すれば高い避妊効果があります。

一度使用して、後から妊娠したいってなったときは、除去することで妊娠可能になります。
ただし、装着する際は婦人科や産婦人科で受診し、医師による装着が必要です。

子宮の中に入ってしまえば、普段生活する上で違和感はほとんどありません。
生活する上で、何か不自由することもないですね。
そのため、相手にバレるような心配もありません。

月経痛や生理中の出血が減るというメリットもあるので、そういったことでお悩みの女性も使用を考えてみてはどうでしょうか。

いいセックスには男女のコミュニケーションが必須

避妊に限った話ではないですが、いいセックスをするためにはしっかりとコミュニケーションを取ることが重要です。恥ずかしがって黙っていては、セックスのレベルをアップさせることは難しいです。

多くの日本人女性はセックスに対して奥手で、どうしても男性任せになりがちです。

そのため、気持ちがいいところを伝えることができなかったり、イヤなことを断ることができなかったりします。そんなことが続けば当然ストレスがたまりますし、いいセックスなんてできっこありません。
いつも自分ばかりでやってるという男性も多いのでは?

気持ちがいいセックスをするためには、女性の方からもどこをさわって欲しいのかアピールすべきです。さりげなく手で誘導すれば男性も「ここが気持ちいいのかな」と分かることができます。

逆にさわって欲しくないところ、あまり気持ちがよくないところは避けるようにして、自分のカラダについてパートナーに理解してもらいましょう。

いくら経験があるとはいえ、女性の感じるところは人それぞれで変わってきます。
相手が経験豊富だからといって、あなたの気持ちがいいところをすべて分かっているわけではありません。

主従関係になるのではなく、お互いの気持ちがいいところを伝え合うことで、さらなる気持ちがいいセックスをすることができます。

黙ってばかりではレベルアップは望めませんよ!