正しい使い方を知っている?最新のコンドーム事情とは

どんどん進化を続けている最新コンドーム事情について

避妊といえば、まず思いつくのがコンドームです。
俺もしっかりセックスのときは、コンドームつけてます。
やっぱり相手のことを考えたら、それがマナーですよね。

自分をリスクから守るためにも、コンドームの装着は常識ともいえます。

今やコンドームもさまざまな種類が発売しており、それぞれ個性が出ています。

薄いものから厚いものまで、いろいろなコンドームがある中、最新のコンドーム事情について調べてみました。

やっぱりコンドームは薄い方がいい?

今やコンドームの最薄といえば、0.01mmが定番です。

コンドームの大手オカモトでもこの薄さが最薄で、世界的に見ても、これがもっとも薄い数値です。
0.01mmということは、もはやミクロの世界の話ですよね。

あまりにも薄すぎると心配なのが、耐久性。
そこまで薄いと壊れやすいんじゃないかって思いますよね~

コンドームは製造の際に、先端が厚くなりがちなのですが、その厚みを均一になるように調整しています。これは非常に繊細な作業で、厚みを均等にすることにより、しっかりとした耐久性があるんです。

厚みを均一にすると、素材であるポリウレタンの硬さも和らぎ、柔らかい仕上がりになります。

コンドームの厚さは男性の方が気を配りがちですが、女性もその違いを実感するみたいです。
コンドームが薄い方がペニスのぬくもりを感じるようですね。

もっとも薄いのは0.01mmですが、商品のラインナップでいうと0.02mmの方がバリエーションがあります。

0.01mmと0.02mmだと正直、見た目では全然分からないものなんですが、使ってみると「ん?」と分かったりするんですよね。

ただ0.01mmと0.02mmでは値段が結構違うため、普段は0.02を使って、特別な日には0.01を使うって人も多いみたいです。

俺も高いんで、0.01はそんな使ってないですね。

さわり心地に優れた0.03mmのコンドーム

コンドームは薄い方が気持ちいいと思いがちですが、実は使用感がいいのは0.03mmという声も多いです。

その違いは素材にあります。

0.01mmや0.02mmのコンドームは水系ポリウレタンです。
これはプラスチックの仲間で、ゴム臭がしない、独自のフィット感があるといったメリットがあります。

それに対して0.03mmのコンドームは天然ゴムラテックス製のことが多いです。

ポリウレタンに比べるとゴムは柔軟性が高いため、こっちの方が気持ちいいって人も多いみたいです。

ちなみに世界で流通しているコンドームの9割は天然ゴムラテックスなので、こちらの方がまだまだ主流といえますね。

最新のコンドームには従来のような精液溜まりをなくし、ペニスの形状をリアルに表現したものもあります。精液溜まりはないですが、もちろん精液は外にもれない構造になってますよ。

こうなってくるとかなりフィット感も変わってくるので、オーラルセックスのときも違和感がないと好評みたいです。

やっぱりどうせつけるなら、気持ちがいいコンドームがいいですよね~

極薄の対極 極厚コンドームが発売されているのはなぜ?

最薄の0.01mmのコンドームに対して、その10倍の0.1mmのコンドームも売っています。
こういった極厚のコンドームは何であるんでしょうか。
薄い方が気持ちよさそうなもんですよね。

こういった極厚コンドームは敏感ですぐにイッテしまう人にニーズがあるみたいです。

すぐにイッテしまったら相手もガッカリしますし、こっちももったいない気がしますもんね。
こういった厚いコンドームを使うことで、いつもよりもロングプレイができるようになったと喜んでいる人も多いです。

パッケージに「もはや何も感じない」なんて書いてあると、「なんでつけるんだろ」と思わず心の中で突っ込んでしまいますが、そういったニーズに応えてるんですね~

外国人向けにビッグサイズのコンドームも

外国人の中には、日本製のコンドームは小さくてつけられないって人もいるようです。
なんともうらやましい話ですね……
俺ももっと大きくなりたいです(^^;)

そういったニーズに応じるため、従来よりもビッグサイズのコンドームも発売しています。

メガビッグボーイやスーパービッグボーイという、文字だけでも大きそうな商品名です。
最大サイズのメガビッグボーイになると、最大径46mmもあるみたいなんで、これまでの日本製のコンドームじゃ入らなかった人でもバッチリですね。

ただ、一般の日本人男性にはあんまり縁がなさそうですが……(笑)

逆に直径を小さくしたサイズも発売しており、直径31mmというコンドームも売っています。
これならば「自分のはちょっと小さいんで……」という人でも安心して使うことができますよ。

自分に合ったコンドームを選んで充実したセックスライフを送りましょう!
いろいろ使ってきましたが、コスパを考えると、俺はやっぱり0.02mmのがオススメですね。