人には聞けないコンドームに関する質問まとめ

なかなか人には相談できない性に対する質問・疑問

性に関する疑問や質問というのは、なかなか人には相談しづらいですよね。

「あれってみんなどうなんだろう」と思っていても、なかなか口に出しては聞けないものです。
そういうのが気軽に聞ける友達がいる人は恵まれてますよ。

そこで今回は人に聞きづらいことの1つ、コンドームに関する質問や疑問をまとめてみました。

彼がなかなかコンドームを使ってくれない。コンドームを使うきっかけは?

避妊のことを考えて、コンドームをつけて欲しい。
けど、彼がイヤがるからなかなか言えない……。

そんな女性は結構いるんじゃないでしょうか。

ゴムをつけるのは男のマナーともいえるもので、俺はいつもしっかりつけてますが、つけたがらない男性はまだまだ多いですよね。

実は最近、コンドームの使用推奨をうながす、とあるプロジェクトが実行されました。

ペアコンドームプロジェクトというもので、2個で対になっている専用のパッケージで、そこにパートナーと一緒に写った写真がプリントされています。その2つを並べると、1枚の写真になるというわけですね。

こんな感じで、相手の存在を感じられるようなコンドームがあれば、パートナーに着用をもたらすいいきっかけになります。

このキャンペーンは大反響で、5,000人以上もの人が参加したそうです。

相手にコンドームをもつことを促して、使用のきっかけにしてみるのはいかがでしょう?
こういうのがあると持ちやすいので、ぜひ製品化して欲しいですね。

薬局やコンビニでコンドームを買うのはちょっと恥ずかしい……

実際にコンドームを買うのは、ちょっと恥ずかしいですよね。
初めのうちは俺も毎回恥ずかしいのをこらえて買った記憶があります。
今はなんてことないですが(笑)

以前に比べると、コンドームのパッケージはかなりポップなものが多く、手に取りやすくなっています。
これは各社が工夫をしてくれたおかげともいえますね。

昔のコンドームというと、明らかにそれっぽいデザインのものが多く、ちょっと手に取りにくかったイメージがあります。

昭和40年代には、コンドームが買いやすいように指でOKマークを作ったり、店頭のOKマークを指さすだけでコンドームが買えるというキャンペーンが行われました。

これによりわざわざ「コンドームください」と口に出さなくても買えるというわけですね。
よく考えたものです。

さすがにこのご時世に指でOKマークを作るようなことはありませんが、今でもオカモトのコンドームには、OKマークのデザインが載っているものがあります。

実はあのマークにはそんな歴史があったんですね。

日本人はコンドームの着用率が低い?

世界的に見て、日本人男性のコンドームの着用率って、どのくらいだと思いますか?

実は先進国の中で、日本はコンドームの着用率ワースト3位と言われています。
世界の中でも、コンドームをつけていない国というわけですね。
これはちょっと意外な結果でした。

日本のコンドーム使用率は42%といわれており、半分にも達していません。
それに対してインドは80%といわれており、明らかにコンドームへの意識が違います。

もちろんこれには宗教観の違いも関係してくるわけですが、それにしてもここまで差があるのは、ちょっと不名誉ですよね。

日本人があまりコンドームをつけてない理由は、学校での教育によるといわれています。
保健体育の授業でも、コンドームについてしっかり教わった記憶ってないですよね。

そのせいで誤った認識をもつ人も多く、結果としてコンドームをつけないって人が多いみたいです。

避妊予防にはコンドームはとても有効です。

みなさんも風邪予防でマスクをつけますよね。
それと同じくらいの感覚で、リスク予防にコンドームをつけるのは常識ともいえます。

コンドームの技術は他にもこんなところで使われています

コンドームのメーカーで有名なところというと、オカモトを思い浮かべる人が多いと思います。
名前的にも国産の安心感がありますよね。

では、オカモトってコンドーム以外にどんなものを作っているかご存知ですか?

オカモトはもともとは岡本理研ゴムという社名でした。
その名の通り、ゴムやプラスチックの総合メーカーというわけですね。

現在、オカモトが手がけている商品には、タンスや押し入れなどで使う除湿剤、冬になると手放せないカイロ、掃除のときなどに使う家庭用手袋などがあります。さらにはアウトドア用品店やホームセンター向けの長靴や雨具などもオカモトが手がけていることがあります。

他には生魚の保存で使われることが多いピチットという食品用脱水シートのシリーズも実はオカモトが手がけています。

業務用として、多層フィルムや自動車内装用レザー、ビニールハウス用フィルムなども作っており、さまざまなところでオカモトの製品に使われていることが分かります。

コンドーム以外でもオカモトのお世話になっているものが多いってことですね~