セックスに関する悩み相談:勃たない理由あれこれ

勃起しない理由は人それぞれです

昔に比べて、それほど性欲がなくなった。
あまりセックスしようという気がなくなった。

そんなときは、精神的、肉体的な何かしらの問題が起きてることがあります。

頭ではセックスしようと思っているのに、ちゃんと勃起しないというのは、さらにその可能性が高まります。
やろうと思ってできないのはツラいですよね。

ちゃんと勃たないのは精神的な理由が多く、その種類もさまざまです。

勃起しない理由:性嫌悪症

やる気が起きない場合は性欲低下障害の可能性が高いですが、セックス自体がイヤ、絶対にしたくないという場合は、性嫌悪症の恐れがあります。

性嫌悪症はパートナーとの関係の変化がきっかけで起こることがあります。

分かりやすいのが子供ができたタイミングです。
それまでは恋人同士だった関係が、母子、父子の関係になってしまうことで、パートナーとのセックスに抵抗が出てくる場合があります。

特に女性側が母親役を強くアピールすると、男性としてはセックスの対象としては見づらくなります。

母親の裸が見たい、母親とセックスしたいとは普通思いませんよね。

そういった感情が出てくると、パートナーとのセックスに嫌悪感が表れます。

また、パートナーとの関係が恋人同士というより、友達感覚、家族感覚になってしまうと、やはりセックスしたいという気は薄れてしまいます。

兄弟のように感じれば近親相姦のタブーがありますし、友達でもセックスはしませんよね。

こういった関係の変化で、性嫌悪症になることがよくあります。

性嫌悪症はこれまで治療法はないとされてきましたが、最近になってエスシタロプラムという抗うつ剤が効くということが分かってきました。

自分に思い当たる節がある場合は、お医者さんに相談してみはいかがでしょう?

中でイクことができない……膣内射精障害

オナニーのときは、ちゃんとイケるのに、セックスのときは射精できない。
そういう場合は膣内射精障害の恐れがあります。

膣内射精障害の原因は、いろいろあるんですが、主なものは次に挙げる2つです。

1つは心理的な原因。

セックスしているときに「相手は本当に満足してるんだろうか」といったことを必要以上に心配し出すと、自分の感情が抑制されてしまいます。

またはセックス中に「ちゃんと中でイケるかな」と不安に思い出すと、悪循環で射精に至れなくなってしまうこともあります。

相手のことを気遣うのは、セックスにおいて最低限必要なことですが、あまりに気遣いすぎるのも考えものです。

改めて「セックスは楽しい!」ということを認識して、意識を変えていくことが大切ですよ。

もう1つは身体的な原因。

それまでにしてきたマスターベーションの方法が、膣内射精障害の原因になることがあります。

特に手を使わずにマスターベーションをしてきた人は、そうなってしまう可能性が高いです。何かに擦りつけて射精することが習慣付いていると、膣内の感覚ではイケなくなってしまいます。

手を使っている場合でも、強く握りすぎている人は要注意です。

10kg以上の握力でオナニーしている人は、膣内で射精しにくいと言われています。

身体的な理由で、膣内射精障害に陥っている場合は、トレーニングを重ねることで解消できます。

オナニーする際にローションを使い、できるだけ力を入れないでイクようにします。
これを繰り返すことで、ちゃんと膣内でもイケるようになりますよ。

すぐにイッテしまう……早漏

挿入したら、気持ち良くてすぐイッテしまう。
そういう人は早漏の疑いがあります。

とある説によると「早漏の99%は心因型」らしいです。

そのため、ちゃんとトレーニングすることで早漏は治せます。

早漏対策として有効とされているのが、ストップ&スタート方です。

早漏を治すためには、自分で射精をコントロールする方法を身につけなければなりません。
あまりに感じすぎると射精がコントロールできずに、すぐにイッテしまいます。

そのため、自分で刺激、またはパートナーに刺激をしてもらい、イクときの感覚をしっかり確認します。そして、性器を刺激しているときに、この感覚がでてきたら刺激をストップします。

自分で行う場合はオナニーをして、射精しそうになったら亀頭部分をギュッと圧迫します。パートナーに手伝ってもらう場合は、手で刺激してもらっているときにイキそうになったら合図を送り、同じように亀頭を圧迫してもらいます。

興奮が落ち着いたら、再び刺激をスタートということを繰り返します。

これを3回繰り返し、4回目に射精をします。

こういったトレーニングをすると、段々と刺激に対して耐性ができ、イクタイミングをコントロールできるようになってきます。

早漏の人は、このトレーニングを続ければ必ず治せますよ。

今、すぐイクのに悩んでいる人は、ぜひトライしてみてください。
俺もこの方法で、だいぶタイミングをコントロールできるようになりました(笑)