女性がセックスを避ける理由:もしかして何らかの障害かも?

頭ではセックスしたいと思っているのに……

男性が勃起しない理由は、精神的なものが多いです。

自分が勃たなかったときに、相手から罵られたり、あからさまにガッカリされたりすると、それがココロに残り、セックスに対しての意欲がなくなってしまうことも多いです。

それに対して女性の場合は、セックスしたいと思ってできないときは、肉体的な障害が原因のことが多いです。

女性にある障害としては、性交疼痛症や性器骨盤挿入障害などが考えられます。

女性のセックスにまつわる悩み:性交疼痛症

女性がセックスを避ける理由として多いのが、性交疼痛症(せいこうとうつうしょう)です。

性交疼痛症とは、挿入しようとすると、カラダに強い痛みが走る症状です。

この原因として考えられるのは、まず肉体的なものです。

身体的な障害があって、痛みが生じる場合、器質に問題がある恐れがあるので、まずは産婦人科で相談してみましょう。病院で診てもらえば原因が判明しますし、どうやって治療すればいいのかも教えてもらいます。

肉体的な問題だと、時間が経てば治るというものでもないんで、病院で診てもらうことが大事ですよ。

他に、恐怖感が原因で性交疼痛症を引き起こしているケースもあります。

女性は最初のセックスのとき、大小の差はあれ、痛みを感じることが多いです。
もとから「初めては痛い」ということが分かっていれば、相手に対する想いや、好奇心によって、そのときの痛みは乗り越えられることが多いです。

けれども、恐怖心の方が勝ってしまうと悪循環に陥ってしまいます。

セックスは痛いもの、というイメージがあると、カラダに力が入ってしまいます。そうすると、挿入がスムーズにいかず、さらに痛みが出てきます。

痛いから力が入る、やっぱり痛い。

こういう悪循環が続くと、なかなかセックスしようという気にはなれません。

挿入のときの痛みを克服するトレーニング

もし、挿入の痛みがヒドくて、セックスしたくてもできないという場合は、以下の方法を試してみてください。

まず、綿棒をコンドームに包み、そこにローションを塗ります。
そして、それを膣内に挿入します。

恐らく1本だけなら、痛みもないはずです。

これを何回か繰り返し、挿入に慣れてきたら本数を増やしていきます。

やがてある程度の数でも大丈夫になったら、今度は指でチャレンジ。

指も1本から始め、慣れてきたら2本挿入できるように繰り返します。

このトレーニングにより、性交疼痛症を克服して、ちゃんとセックスできるようになったという人は多いです。

挿入のときの痛みに悩んでいる人は、ぜひお試しあれ。

女性のセックスにまつわる悩み:性器骨盤挿入障害

膣痙攣っていう言葉を聞いたことがありますか?

膣が突発的に痙攣して、男性のペニスを受け入れない症状のことを言います。

今ではこういった症状を性器骨盤挿入障害と呼んでいます。

性器骨盤挿入障害の問題点は、女性側にしっかり性欲もあり、セックスしたい意志もあるのに、ちゃんとセックスができないということろです。

1人でオナニーするときは、しっかりオーガズムも得てイケるのに、セックスでいけないという女性は決して少なくないです。場合によっては指を入れられるのも大丈夫なんだけど、ペニスを挿入しようとすると、ぽんと跳ね返ったり、でてしまうという状態になってしまいます。

性器骨盤挿入障害の原因は、骨盤底筋群にあります。

骨盤底筋群は、骨盤の底の方にある膣を囲むようにしてある筋肉です。

男性がいざ挿入しようとすると、ここの筋肉が収縮して、痙攣を起こしてしまうのです。

膣痙攣って聞くと、男性器の挿入後に膣が痙攣して抜けなくなると思っている人も多いのですが、そうではなく、ペニスが入らない状態のことを膣痙攣といいます。
俺もてっきり抜けないのが膣痙攣だと思ってました(^^;)

性器骨盤挿入障害かどうかは、実際に確認することができます。

性交をしてみて、ぽんとペニスが弾かれたら、すぐに指を入れてみます。そのときに筋肉の収縮が起きていたら性器骨盤挿入障害です。ちなみに、このときの痙攣をスパスムスと呼んだりもします。

スパスムスが起こっているときは、指でもなかなか入らないので、はっきり確認することが可能です。

性器骨盤挿入障害を克服するのにも、性交疼痛症のときと同じトレーニングが有効です。

まず挿入を克服することが大事なので、初めは綿棒を使って、挿入に対する抵抗をなくしていきます。徐々に本数を増やして、指でも問題なくなるまで、こういったトレーニングを繰り返します。

これにより挿入への感情が克服されると、痙攣も起きなくなり、普通にセックスができるようになります。

性器骨盤挿入障害の場合は、このトレーニングをすることで、ほとんどの人が克服しているので、挿入したときにすぐに抜けてしまって困っている、という女性はぜひこの方法を実践してみましょう。

パートナーとの充実したセックスライフが送れるはずです。