セックスするなら考えておきたい性感染症についての正しい知識

自分は大丈夫という過信が危険!

性感染症やHIVなんて、自分には関係がない世界のこと。
そう考えてる人は多いんじゃないでしょうか。

こんな考え方をしている人は危ないですよ!

セックスをする限り、絶対に安心ってことはないですし、感染しているのに「大丈夫大丈夫」と放置しておくと、どんどん症状は悪化してしまいます。

こういった症状は早めに治療すれば、大事にいたらずに済みます。

そのため、性感染症に関する正しい知識を身につけておくことが大切です。

性感染症の症状は男女によって異なります

性器クラミジア感染症

性器クラミジア感染症は、日本でもっとも多いといわれている性感染症(STD)です。
日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上といわれています。

多くの人が10代後半から20代にかけて感染し、セックス経験者の男性で6.7%、女性では13.1%が感染経験があります。

男性が性器クラミジア感染症にかかった場合、おしっこをするときに軽い痛みがでます。

他に症状としては、尿道からの分泌物(うみ)、尿道のかゆみや不快感、軽い痛みや発熱といったものがあります。かかっていても気づかないことが多いのですが、治療せずに放置しておくと前立腺炎や血精液症になる恐れもあります。

女性の場合、男性に比べると症状があまりでないことが多いです。

症状がでた場合、おりものの増加、不正出血、下腹部の痛み、セックス時の痛みといったものがでてきます。女性の場合は放置しておくと、卵管炎、子宮外妊娠、不妊症の原因になります。

淋菌感染症

淋菌感染症は男性に多い性感染症です。

性風俗でのフェラチオ(オーラルセックス)による感染が多いといわれており、1回のセックスでの感染率は約30%とかなり高めです。

男性の場合、尿道に感染します。

症状として、尿道からの分泌物、激しい痛みの排尿痛、尿道のかゆみや不快感、発熱や激しい痛みといったものがあります。

尿道からでるうみの量は結構あるので、感染には気づきやすいです。

放置しておくと、前立腺炎、血精液症の恐れがあり、そのままさらに放置しておくと治療後に無精子症になることもあります。

女性の場合は、多くの場合、症状はでません。

もし出た場合は、おりものの増加、不正出血、下腹部の痛み、セックス時の痛みといった症状が現れます。

感染してから放置したままにしておくと、卵管炎、骨盤腹膜炎を起こして、子宮外妊娠、不妊症の原因になります。

尖形コンジローマ

尖圭コンジローマに感染すると、性器や肛門周辺にイボができ、ニワトリのトサカのようになります。自覚症状がでないことが多く、ウィルス自体を完全に取り除くことは難しいため、再発することが多いです。

パートナーも同時に感染していることが多く、感染したときに症状がでなくても、何ヶ月かしてから症状がでる場合があります。

男性の場合、感染すると亀頭や陰嚢、肛門の周りに薄ピンク色のイボができます。軽い痛みやかゆみがでることもありますが、ほとんど自覚症状はありません。

症状が進行すると、イボがだんだんと大きくなり、数も増えていきます。

治療した場合、取ることができるのは表面にあるイボだけで、ウィルスを完全に除去ことができないため、再発しやすいです。

女性の場合も、男性と同じような症状がでます。

外陰部、膣、肛門の周りに薄ピンク色のイボができ、やはりこちらも自覚症状が出ない場合が多いです。

性器ヘルペス

ヘルペスというと、口の周りにできるものがありますが、そっちのヘルプスは1型の口唇ヘルペスです。下半身に症状がでるのは、2型の性器ヘルペスのため、種類が違います。

男性の場合、性器ヘルペスに感染すると、最初は患部の表面にかゆみのある1mmから2mmほどの水疱(赤いぶつぶつや水ぶくれ)ができます。

それが破れると潰瘍(ただれたようなもの)ができます。

症状としてそけい部のリンパ節の腫れや痛みがあり、尿道分泌物が出ます。

厄介なのが再発率の高さで、1年以内に8割以上の人が再発するといわれています。過労やセックス、ストレスなどで再発することが多いのですが、症状はさほど重くないことが多く、短期間で治ることがほとんどです。

女性の場合、大陰唇や小陰唇、膣前庭部、会陰部にかけて水疱や潰瘍ができます。さらに症状がひどいと子宮頸管や膀胱まで感染が広がることもあります。

女性が初めて性器ヘルペスに感染した場合、おしっこができなくなるくらい強い痛みに襲われるといわれています。

性感染症を悪化させないために定期的な検査を

性感染症は特別な病気ではありません。

セックスをしていれば、誰にでも感染する可能性があります。性感染症の恐ろしいところは感染していても自覚症状がない場合が多いことです。そのまま放置しておくと、もっと大きな病気になる恐れがあるので、しっかりとチェックする必要があります。

保健所や保健センターでは無料・匿名でHIV検査を受けることができます。さらに保健所によっては他の性感染症の検査ができるところも多いです。

男性だったら内科や泌尿器科、皮膚科、女性ならば産婦人科でも検査が可能です。

また、病院に行くのに抵抗があるならば自宅で採取して匿名で受けられる検査キットも販売されています。これならば自宅で尿や血液を採取して、郵送で検査ができるので、恥ずかしさもだいぶありません。

結果はネットで確認することができるので、誰でも気軽に検査することができます。