男は女の涙に弱く、女は男の汗に弱い理由

涙は女の武器というのは本当?

男は女の涙に弱いというのは、昔から言われている話です。
みなさんも少なからず、そういった傾向があるのではないでしょうか。

目の前で女性が号泣しているというのに勃起できるという男性はかなりの強者といえるでしょう。
普通はやっぱり気後れしますよね。

女性の涙について、ある実験があります。

イスラエルの研究者は2人の女性に感動的な映画を見せました。そのときに女性が流した涙を瓶にためておき、男性にかがせるという実験を行いました。

瓶の匂いを24人の男性にかがせ、その男性達を2つのグループに分けます。

それから男性達の鼻の下にコットンを置き、一方のグループには女性の涙、もう一方のグループには塩水を垂らし、どちらが女性の涙なのか聞いてみました。

するとほとんどの男性が区別できなかったにも関わらず、女性の涙をかいだ後では女性に魅力を感じなくなってしまったのです。区別できないにも関わらず、女性の涙を嗅いだ方にしっかり効果があったということは、嗅覚では分からない何かしらの作用があると考えられます。

どうやら女性の涙には、男性ホルモンであるテストステロンを低下させる効果があるようだということが分かりました。
というわけで、女性の涙を見て、性欲が減退するのは、ある意味当然といえば当然なわけです。

テストステロンが低下すると、性的な興奮が収まるため、女性に魅力を感じなくなってしまいます。さらに、このときの脳の状態をMRIで調べると、性的刺激に反応する視床下部と紡錘状回という部分の反応が鈍くなっていたのです。

目で見て分からなくても、脳の動きから、そういった作用があることがはっきり分かったのです。

つまり女性の涙には、匂いでは分からないフェロモンがあり、その作用によって男性の興奮を抑えてしまうのです。

恐らくこの効果は女性が泣くことで、男性から身の安全を確保しようとするためのものだと考えられています。

しかし、どの成分がこの効果をもたらすかは、まだはっきり分かっていないということです。

男の汗は女性にとって魅力?

一般的に女性よりも男性の方が汗っかきであるということが研究から分かっています。
全然汗をかいていない女性がいる一方で、しょっちゅう汗をかいている男性をよく見かけますよね。

研究によると、同じ温度、同じ湿度という条件で同じ強度の運動をした場合、男性の方が発汗率が高いことが分かりました。

暑くなると男性はすぐに汗をかきますが、女性の場合は、まず体温が上昇し、それから汗がでるからといわれています。つまり女性は発汗システムが二段階あるため、男性よりも汗をかかるまで時間がかかるということになります。

また、発汗反応にはテストステロンが関与している可能性があるということも言われています。

テストステロンは男性ホルモンの代名詞的存在のため、これが出ているということは、女性が魅力的に感じる可能性があるということを表しています。男から見たら、ただの汗臭いヤツでも女性から見ると、魅力的な男性に写るかもしれないということですね。

汗の中には、アンドロステノンという成分があります。この成分はテストステロンが代謝したときに作られる物質です。そもそもテストステロンは男性に多く含まれるホルモンなので、アンドロステノンも男性の方に多く含まれる場合が多いです。

女性の中には、このアンドロステノンに対して受容体(レセプター)を持っている人がいます。

受容体とはレセプター、またはリセプターともいい、生物の体にあって、外界や体内からの何らかの情報を受け取り、情報として利用できる仕組みをもった構造のことです。

レセプターを持っている人は、男性の汗を魅力として感じるのです。

このレセプターは生まれもって持つものなので、ない人はずっとありません。

そのため、男性の汗が好きな人はずっと好きですし、嫌いな人はずっと嫌いということになります。

もし自分が汗っかきならば、それを好きになってくれる女性を見つけられれば、お互いに幸せになれますね!

汗にはアンドロステノン以外の成分も

汗に含まれるアンドロステノンのレセプターを持っている女性は男性の汗に魅力を感じるといいましたが、実は他にも汗に含まれる成分がいろいろあります。女性に対して影響を与えるのはアンドロステノンだけではありません。

他に含まれているのがアンドロスタディエノンです。

アンドロステノンと同様に汗に含まれている成分で、女性がこれを嗅ぐと、女性ホルモンであるエストロゲンが高まると言われています。

エストロゲンは女性ホルモンなので、これが高まるということは、性的刺激を受けることがあるともいえます。つまり、それを嗅ぐことによって、その男性を魅力的に感じるのです。

汗にはこういった女性を惹きつける効果があるのですが、相手の女性に効くかどうかは分かりません。

そのため、最初から無理に嗅がせるのではなく、つきあいが深くなるまでは汗臭くない清潔感ある状態をキープするのが無難です。