性感帯には種類がある!関連性感帯って一体なに?

直接じゃない関連性感帯とは?

亀頭や陰茎といった男性器やクリトリス、小陰唇、Gスポットといった女性器は性感帯として誰でも知っています。女性だと乳首なんかも性感帯ですね。

けれども、性感帯はそれだけじゃないのです!

性感帯には性器じゃなくても感じる部位があります。こういうのは、直接じゃないので関連性感帯と言ったりします。

たとえば、耳たぶ。

女の子だと耳たぶにキスされるとうっとりしちゃうという人も多いのでは?
でも、人によってはただくすぐったいだけということもあります。

こういった関連性感帯は、情報を伝わる神経が影響してるんですが、一説によるとどんなところにも関連性感帯がある可能性があるそうです。

感じやすい部分をいっぱい愛撫していると、彼女の性感帯が増えちゃうかも??

どんなところが関連性感帯になる?

性器以外で関連性感帯の可能性が高いのは、体にある穴付近って言われてます。

穴というと、いろいろありますが、やっぱり耳を思い浮かべる人が多いですよね。
愛撫の際に耳を舐めたりする人も多いかもしれません。

耳を愛撫する際には表と裏、どちらも刺激するのが有効です。

キスから始まって、舌で愛撫していけば、どんどん彼女も感じやすくなっていくはず!?

女性の首筋を見ると興奮するって人も多いのでは?
とかっているってる俺がそうなんですが(笑)

首も愛撫のときの定番ですね~

耳からスタートして首ってコースの人は多いと思います。
俺もよくそのパターンです。

首は東洋医学でいうところの経路の流れにそって優しく刺激すると、女性が感じる可能性大です。優しく入念に刺激していくと、だんだんとくすぐったいから気持ちいいに変わってきますよ。

焦らずじっくり攻めましょう!

脇の下

脇の下というと、くすぐったいって人が多いと思います。
くすぐるときの定番でもありますね。

俺もちょっと触られただけで、結構大げさに避けちゃいます。

脇の下を攻めるのはなかなか難しいので、雑にやるのは厳禁。
そんなことしたら、彼女が嫌がっちゃうの間違いなしです。

こういったデリケートな部位は、やさしくゆっくり攻めていくのが鉄則!

最初はただくすぐっただけの子でも、だんだんと快感に変わってきますよ。
経験談です!

脇腹

脇の下と同様、脇腹もくすぐりの定番ですねー

こちらも雑に触っちゃうと、ただくすぐったいで終わっちゃうので注意が必要です。
せっかく性感帯が増えるかもしれないのに、そんなさわり方しちゃったら、もったいないですよ!

脇腹を攻める際は、自分が思っているより弱めの力でいくのがオススメ。

遅すぎず、早すぎずの絶妙なタイミングで刺激を続けると、だんだんと気持ち良くなってきます。

焦って強くやるのはダメです。
辛抱強くトライしましょう。

内もも

内ももは性器に近いこともあり、初めから結構感じやすい子も多いです。
性器にすぐにいかず、まず内ももを触るってことはよくありますよね。
愛撫って聞いて、イメージする人が多い部位でもあります。

実は、内ももって普段の生活では他人と接触することがほとんどないんですよね。
うっかり内ももに触れるってこと、まずないですよね?

そんな部分だからこそ、セックスのときに開発しがいがある部位でもあります。

じっくり攻めていくことで、性器に行く前のいいウォーミングアップになりますよ。

いきなり性器を狙うと、ちょっと引かれることもありますよ(反省)

膝の裏

愛撫のときに、膝の裏を攻めるって人は少ないと思います。
普段から膝の裏もしっかり攻める人はかなりのテクニシャンかも。

膝の裏にも経路があるので、それに沿ってじっくり攻めていけば感じるようになる可能性が高いです。

あまり攻める人がいない部位なので、あなたが刺激すると彼女がびっくりして新たな快感に目覚めちゃうかも。

自分の手で女の子の気持ちいいところを開発する喜びを知りましょう!
そうすればお互いにハッピーですよ。

足の裏

脇と同様、足の裏もくすぐりの定番ですねー

他の関連性感帯は毛が生えているのが普通なんですが、足の裏は唯一、毛穴がない部位でもあります。ただ、ツボや経路はしっかりあるので、性感帯になる可能性はあるんですよね。

最初はふざけたくすぐり合いから始まって、ちょっと集中的に攻めていったら、徐々に感じるようになるかもしれません。

ただ、やっぱりくすぐったいイメージが強いので、結構注意が必要ですね。

俺は一回試そうとしたら、普通に蹴られかけました(^^;)

他にはこんな性感帯も!感覚性感帯とは?

実際の体の部位ではなく、視覚、聴覚といったところからも快感を得ることができます。

たとえば、好きな人の姿を見たり、声を聞いたりしたら、気分がよくなるってこと、誰にでもありますよね。こういったのが感覚性感帯ってことです。

視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚といったいわゆる五感は人によって感度がそれぞれです。

彼女がどの感覚が優位かを見極めることで、ベストなプレゼントが贈れます。

たとえば視覚が優位な子だったらきれいなプレゼント、聴覚が優位なら音楽や愛の言葉、触覚だったらスキンシップなど、ぴったりのプレゼントを贈ることで、相手の心を引き寄せることができますよ。

こういったところからセックスにつながるケースは多いです。